目の血行を良くして疲れを取る!

テレビやパソコンの画面を長く見たり、細かな作業に取り組んでいると、目に疲れが出てきてしまいますよね。

その日のうちに、目疲れがとれる方法を実践する癖をつけましょう。
目の疲れをとる場合は、概して二つのタイプがあると言われています。

例えば、温めるものと冷やすものが挙げられます。

目を開けにくくなったり、視界がクリアでない場合は、温めるのが適しています。
水に濡れたタオルを絞り、このタオルを電子レンジで10秒くらい温めましょう。

あまりかけすぎるとかなり熱くなってしまいますから注意してください。
タオルが適温であることをチェックしてから目の上に乗せる流れです。

眼球周辺の血液の流れを良くするために行うので、まぶたの上の他、おでこや鼻のあたりも温めるようにして行うと目の疲れをとる効果が大きくなります。

また、冷やす方法なら、目元が熱を帯びていると感じたときに向いています。
鏡で目をチェックしてみて、目の充血を確認したら冷やす方法をとりましょう。

肌にそのまま氷を当ててしまうと強烈な刺激が与えられますので、氷水によって冷やしたタオルで冷やしていきます。

そして、ドライアイがあらわれている場合はトラブルのない人と比べて目には疲れが蓄積しやすいと言えます。

このため、ドライアイ向けの目薬なども頻繁にさすように習慣化しましょう。

ゲームやパソコンなど、会社以外でも目を使い過ぎている場合は、そういったことを控えることもきちんと考えましょう。

なお、画面に近づきすぎると、それだけ目を働かせることになるので、適度に離れるようにしましょう。
等距離で見続けるのではなく、時々は窓の外の景色を眺めたりするのも有効です。